スポンサーサイト

スポンサー広告

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去と向き合うのは同じ過ちを繰り返したくないから

ブリタニアのくらし

過去と向き合うのは同じ過ちを繰り返したくないから

2009-09-07

ペット霊園をお参りするフラーリとパトリシアとラオユエ

ブリタニアにやってきたばっかりのころに一緒に冒険した動物の仲間たち。

とても大切に思っていたのに、ちょっとした不注意でその命を失ってしまったことを今でもたまに思いだす。

そんときにペットたちの慰霊碑(いれいひ)があるってコトを教えてもらってずーっと気になってたんだけど、今回ようやく行ってみるコトになったんだ。

一緒に行くって言うじーさんとパットと三人で、まずは慰霊碑がある場所に一番近いって教えてもらったブリテインへ。

そんでブリテインの厩舎に、それぞれ今の相棒であるペットたちを預けてみんなで歩いていった。

神聖なトコに行くときはモンクローブを着るオレなんだけど、今回ばっかりは余計にシンミリしちまって失敗だったぜ。

しばらく歩いてくと、つつましやかで小さいけれどキレイなお墓にたどり着いた。

ペットへのメッセージを書くためのノートとかも置いてあるし、どーやらココで間違いなさそーだぜ。

パットがさっそく買ってきた桃をお供えして、死んでしまったペットの"アトモ"となにかを話してる。

オレは、パットとクレド両方のペットに祈りを捧げた。

なんたって、どっちも元はオレが連れてきたヤツらだしな。

最近のオレたちはもう、アイツらを死なせちまったときみてーな悲しい思いはしていない。

ペットたちがケガしねーように気をつけるようになったし、万が一やられちまってもすぐに蘇生できる準備もある。

そうさ、あん時からオレたちはちゃんと成長してる。

オレらにとって、死んじまったアイツらに出来るたった一つの罪滅ぼしは、同じ過ちをくり返さねーコト。

ただ、それだけなんだ。

オマケの一枚
ペットの慰霊碑

小さいけれど綺麗なペットの慰霊碑です。

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。