スポンサーサイト

スポンサー広告

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺るぎなき決意

ブリタニアのくらし

揺るぎなき決意

2009-05-27

”バッカニアーズデン”で”スレッジ”(Sledge)に荷物を届けたオレは、ついでにエルフの転生の条件の一つ、"才能"っていう仕事の依頼をスレッジから受けた。

なんでも研究に必要な部品(パワークリスタルっていうらしい)が10個欲しいみてーで、ソレを手に入れてるためには"イルシェナー"ってトコにいかねーといけないんだとさ。

はじめての土地に一人は怖ェから、荷物はこびを手伝ってくれたパットをそのまま連れてイルシェナーにいくことにした。

ウワサではスゲーキケンなトコらしいけど、デスパイスでちょくちょく修行してオーガロードっていうバケモノもやっつけられるようになったし、きっとダイジョブだろ。

ムーンゲートでイルシェナーの”名誉”っていう場所に下りたオレたちの目的地は"エクソダス"っていうダンジョン。

ソコにすんでる"Exodus Overseer"っていうバケモノから、頼まれた品物をもってかえるっていうのが今回の冒険の目標だぜ!

慣れないイルシェナーの地をエクソダスへ向かって進む二人。

そんな中、突然ソイツは姿をあらわした。

忘れもしない金色のローブ…

宿敵リッチロードパラゴン

ヤツの名前は"Lich Lord (paragon)"

あきらかに他のバケモノとはちがうヤバいフンイキを感じたオレは、戦うことはあきらめて見つからないように通り過ぎるコトを選択した。

そして、いざ横切ろうとしたそのとき。

オレは自分が死んだことに気づく間もなく幽霊になっていた。

なんだコイツ、マジでシャレにならねえぞ!

一足遅れてきたパットに魔法で復活させてもらったオレは、あわてて自分の死体から荷物を回収しにいった。

だけど、なぜか荷物が足りない!

アイツ… オレの荷物をもっていきやがったのか!

アタマにきたオレは、さっきやられたことも忘れて荷物をとりかえすために斬りかかった!

『さっきは油断してたけど、今度こそ!』なーんて甘い考えがあったのかもしれない。

しかし、そんな考えは数秒で吹き飛んじまった。

圧倒的すぎる力の前に、オレはただなすすべもなくやられた。

そして、今度は近くにいたパットに目標を変えて襲いかかる"ヤツ"

あわてて走ったり魔法で隠れたりして必死に逃げようとするパット。

だけど、恐ろしく足が速くてしつこいヤツの追跡に、ついには追いつめられてパットもやられちまった。

くそっ、なんなんだアイツ!

右も左もわからねえイルシェナーでは、ヒーラーの小屋を探して復活するのも一苦労だった。

そのあと、自分たちの死体のそばをウロついてる"ヤツ"に気をつけながら、やっとの思いで荷物を回収したオレたち。

『アイツを倒すのはムリだから無視して進もう』と切り出そうとしたとき、パットが「日記とられちゃった」とつぶやいた。

パットの日記…

オレは、パットが毎日欠かさず、楽しそうに日記を書いていたのを見てきた。

だから、ソレがどれほど大事なモノなのかも知っていた。

オレが取られたモンはまた買えばいい。でも、パットが書いた日記には代わりがねえ…

なんとしても日記を取り返したいと思ったオレは万全の体制をととのえて、再び"ヤツ"に立ち向かった。

それでもやっぱり、"ヤツ"にはまるで歯が立たなかった。

死んでは復活し死んでは復活し、あの手この手を考えて、時にはパットの手も借りて、何度も何度も戦った。

でも、どうやってもオレたちの力じゃ通用しない。

己の無力さをかみしめるフラーリ

こんな絶望を感じたのは初めてだった。

それでもあきらめがつかねえオレが、さらに戦おうとすると、ふるえる声でパットがいった。

「もうかえろうよ、こわい」

いつもは明るいパットがおびえて泣いてるように見えた。

そんなパットを見て、オレは自分の無力さを噛みしめると同時に強く強く思ったんだ。

オレは絶対強くなってやる!

"ヤツ"を一人でたおせるくらい強くなって、こんなことが二度と起こらねーように仲間を守ってやるんだ!

その日、結局オレたちは仕事の依頼も達成できず、取られた荷物を取り返すこともできねーまま帰ることになった。

だけど、オレはかつてないほど大きなものを得た。

抑えきれないほどの感情から沸き起こる、戦士としての"揺るぎない決意"を。

死体の中の持ち物と"保険"システム

以前、UOの世界では死亡によるペナルティはほぼないと書きましたが、その例外の一つが死体から持ち物を奪う一部のモンスターの存在です。

もし持ち物を奪われてしまった場合は、すぐに相手を倒せば取り返すことができます。

ですが、根本的な回避策として"保険システム"というものがあります。

あらかじめ持ち物に対して保険をかけることで、自分が死亡した時に死体に残らずに自分の手元に直接戻ってくるようになります。

保険は一つのアイテムにつき一律600gpで、いくつでもかけることができます。

他のプレイヤーから持ち物を奪うことができる”フェルッカ”という世界でも、保険がかかっているアイテムは奪うことができません。

大切な持ち物には保険をかけておくと安心ですね。

2010/03/08 追記

現在は、保険の金額が一律600gpではなく、それぞれのアイテムの価値に応じた金額になっています。

全体的に600gpより安く済むことが多く、以前よりも利用しやすくなりました。

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。