スポンサーサイト

スポンサー広告

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

届かぬ世界へのあこがれ

ブリタニアのくらし

届かぬ世界へのあこがれ

2009-05-13

ナイトサイトの魔法で灯りをつけるクレドをうらやましそうに見るフラーリ

今回はクレドを連れて、もう一度デスパイスにやってきたオレ。

前回は上にあがった入り口の階段だけど、今度は下へいってみることにすっか!

さっそく階段をおりようとするオレだけど、クレドは入り口でなんかモタモタしてる。

どーしたのかきいてみると「暗くて何もみえない」らしい。

暗い? そうか?いつもとかわらな…

あーーーー!

生まれつき夜目のきく”エルフ”のオレとは違って、クレドやパットみたいな”人間”は暗いところだと視界が悪くなるってきいたコトがある!

今までドコにいっても明るいコトに疑問をもったことのなかったオレ。

よくよく聞いてみると、この世界は夜は真っ暗になって昼間とはちがったフンイキが楽しめるらしいじゃねえか!

そうか、オレは今まで世界を半分しかしらなかったのか…

ムクムクとわいてくる”夜”という別世界への興味。

そんなコトを考えているうちにクレドはサッサと魔法であかりをつけて先にいっちまった。

あわてて後を追ったオレだけど、頭の中にはいつまでもぬぐえない想いがあった。

いつも仲間たちと同じ世界を見ていると思ってたのに、そうじゃなかったっていう現実。

それを知った今はじめて思ったんだ。

オレは人間になりたい! って。

暗い場所と夜

洞窟の中はゲーム画面が真っ暗になってとても見えづらくなります。

"Night Sight"の魔法や薬、装備品の効果などで視界をよくするための準備を忘れないようにしましょう。

ですが、種族がエルフの場合は常に暗視状態なので特に意識することはありません。

便利な反面、暗いことを楽しめないのは少しさみしくもありますね。

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。