そうだ ブリタニア、行こう。

スポンサー広告

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリタニアのくらし

はじめまして、ブリタニア。

2009-04-10

flurryのペーパードール

ふー。やれやれ。
めんどうな手続きもおわって、やっとブリタニアに着いたぜ。

え、オレ?

オレの名前はflurry(フラーリ)。

たったいまブリタニアにやってきたばっかりのニンジャ見習いさ。
ヨロシクな!

とりあえず、はじめての世界にきたからには覚えることがいっぱいあんだろうし、ガラじゃねーけど記録をつけてみることにすんぜ。

ホラ、オレってば忘れっぽいし、あとからみかえすかもだろ?

そんなワケで、アンタには特別にオレの記録をみせてやるけど、カッコわるいからって笑うなよ?

そんかし、アンタもなんかおもしろいこと知ってたらコッソリおしえてくれよな。

オレとの約束だぜ!

ブリタニアのくらし

場ちがいな案内人

2009-04-12

場ちがいな案内人 グエン

ブリタニアに到着して、最初におりた桟橋(さんばし)。

アレ?

見わたすかぎり廃墟(はいきょ)なんだけど、ココでいーんだよな?

”夢と希望の新天地”を想像してたオレはデバナをくじかれたカンジだけど、なんとか気をとりなおそうとしてたらイキナリしらねーヤツに声をかけられた。

「この世界で生きていくためのテクニックをお教えします」とかいってるこの女、フンイキからしてあやしいぜ。

まあでもいくアテもねーし、ヤバいコトになりそうだったら逃げりゃいいやって思ってついていったら、食いモンをたんまりくれた。

なんだコイツ、けっこういいヤツなのかもしんね!

アイテムが拾えない or 動かせない

何事もなく食べ物をもらえたように書いていますが、ここでアイテムを拾ったり動かしたりできなくなってしばらく悩みました。

そんなときは、安全な場所で一旦ゲームを終了して、UOをもう一度起動すると直るみたいです。

「甦りし王国クライアント」の不具合が原因のようで、この先何度も同じことがおきているので覚えておくと便利かもしれません。

2010/03/08 追記

現在は「甦りし王国クライアント」は廃止され、バージョンアップした「SAクライアント」となり、この不具合は解消されています。

ブリタニアのくらし

ぶっそうな番人

2009-04-14

ぶっそうなこと言ってるおっさん

ヘンな女…えっと、グエンだっけ?に案内されるままについてったら、変なおっさんを紹介された。

「ぶった切るぞ、こんにゃろー」とかアブねーコトいってんし、あきらかにあやしいぜ。

「ソコにおいてある刀をとってくれ」なんててたのまれたから、"オレをぶった切る気か!?”って内心ビビりながらわたしてやったら、次の瞬間には刀はオレのカバンの中に入れられてた。

なんて早ワザ! このおっさん何モンだ!?

よくよく話をきいてみると、このおっさんはオレみてーな新入りの旅の用意を手伝ってるんだと。

なんだコイツ、意外といいヤツなのかもしんね。

でもさ、おっさん!

「そのへんにあるもの好きにもってけ」っていわれても刀しかねーよ!

【Shift】キーを押しながら【自分をクリック】?

刀を受け取るときに【クエストアイテム指定】という動作の方法を教わります。

【Shift】キーを押しながら【自分をクリック】…と教わりますが、正しくは【Shift】キーを押しながら【自分を右クリック】です。

ダイアログの右端が一文字見えないという「甦りし王国クライアント」の不具合で、”右”という文字が見えないのが原因のようです。

2010/03/08 追記

現在は「甦りし王国クライアント」は廃止され、バージョンアップした「SAクライアント」となり、この不具合は解消されています。

ブリタニアのくらし

臨死体験? むしろ死んだ

2009-04-16

武器をもらったオレは、グエンに案内されてスケルトンっていうガイコツみたいなヤツと戦うことになった。

はじめての戦いでおっかなビックリだったけど、実際にやってみたら一発でKO! ラクショーだぜ!

ひとしきりほめられて調子にのってんと、今度はゾンビをやっつけろなんて言い出した。

「ゾンビは強いけど、さっきの様子なら心配ないわね」

ココまでのことでスッカリこの女を信用してたオレは、言われるままにゾンビに向かっていった。

今度もきっとラクショー…って思ってたら、だまされた!

計画通り

ラクショーどころか、今度はこっちが一発でやられて幽霊になっちまったオレ。

「ちょっと、やられちゃったじゃないの!」って、そりゃないぜアンタ!

都合よく近くにいた”ヒーラー”って人が生き返らせてくれたからいいもんの、マジで死ぬかと思ったよ!

っていうか、よくよく考えたらこんなトコにヒーラーがいるとかデキすぎだろ。

もしかして、はじめからココで一回オレを殺すために信用させてたのか?

もしそうだったらおそろしい女だぜ、コイツ。

汝死を怖れるなかれ

UOの世界では死亡によるペナルティはほぼありません。

万が一死亡してしまった場合は、自分の死体とすべての持ち物をその場に残し、幽霊となってさまようことになります。

ですが、”Healer”というキャラクターに生き返らせてもらい、死亡して15分以内に自分の死体まで戻れば持ち物を回収することができるのです。

ただし、一部のモンスターには死体から持ち物を奪うものもいますので注意してください。

また、フェルッカという世界では他のプレイヤーから持ち物を奪うことができるので気をつけるようにしましょう。

ブリタニアのくらし

戦慄(せんりつ)のダークナイト

2009-04-18

立ちはだかるヨロイ男

この世界にきてから、ずーっと歩いてきた廃墟(はいきょ)もそろそろクライマックス。

ハリきって進んでいったら、目の前にバカでかいヨロイ男が立ちふさがっていた!

どうやらココが出口みてーだけど… どーすんの?コレ。

内心アセるオレをよそに「あらやだ、ダークナイトだわ」とかぬかすグエン。

アンタそのヨユーはどっからくるんだ。

おそるおそる話してみると、どうやらオレたちに危害を加えるつもりはないみたいで、アッサリとおしてくれた。

すれちがいざまに言われた「強くなったら会いに来い」という言葉と、手わたされたナゾのアイテム… なんだ?コレ。

オレのほうはできれば二度とあいたくねーんだけどな。

ダークナイトからのおくりもの

ここで手わたされたものは、”ルーン”というアイテムです。

ルーンは”場所”を記憶するためのアイテムで、魔法や巻物でワープをするときの行き先にすることができます。

ダークナイトから受け取った”The Darkness”というルーンは、ダークナイトのすみかが記憶してある特別なもの。

このルーンを使ってダークナイトのすみかに乗り込むということは、すなわち、ダークナイトに戦いを挑むということになります。

十分に強くなってから挑戦しましょう!

ブリタニアのくらし

別れと出会い

2009-04-21

出会いと別れ

やっとの思いで廃墟(はいきょ)をぬけたころには、スッカリ辺りが暗くなる時間だった。

今晩はドコで過ごそうかと考えてると、グエンがココから一番近い町”ニューヘイブン”ってトコに案内してくれるらしい。

ブリタニアにきてはじめてのまともな町… 珍しい食いモンとか酒とかあるかもしんねーし、楽しみだぜ!

さっそくニューヘイブンに向かおうとするオレ。

とそこで、なんか金髪のおさげの女の子がこっちを見てる。

なんだろな?

”パトリシア”って名乗ったこの子も、オレと同じでブリタニアにきたばかりらしくて、宿を探して途方にくれてたらしい。

そんなワケで、女の子を夜中にこんな場所でおいてくわけにもいかねーし、いっしょにニューヘイブンに行くことになった。

そして、街道沿いに歩くこと数分。

「私はここでお別れよ」

意外と近かったニューヘイブンの入り口についた途端、突然そんなことをいいだすグエン。

え、なに?どういうコトさ?

「新しい人たちが入ってくるから、戻らないといけないの」

そっか、アンタもなかなかいそがしいんだな。

この世界で生きていくためのコツってのはイマイチわかんなかったけど、なんだかんだ助かったぜ。

こうして、いろいろと世話になったグエンと別れたオレ。

その一方で、ここでのパトリシアとの出会いがこれからの長い付き合いのはじまりだなんて、そんときは思いもよらなかった。

ブリタニアのくらし

はじめての町 ニューヘイブン

2009-04-23

街中を走るゴキブリやドラゴン

入り口でパトリシアとわかれてニューヘイブンに入ったオレ。

ソコで最初に思った感想は「なんだコリャ!」

だって、バッサバッサと飛んでるドラゴンとか、人をのっけたバカでかいゴキブリがわがもの顔で町中を歩いてるんだぜ?

やっとマトモな町でひと息つけるモンだと思ってたから、ガッカリしたなんてモンじゃねえ。

しばらくはコソコソとバケモノに目をつけられねーように町中をウロついてたオレだけど、そのうちだんだんとわかってきた。

コイツらおっかない外見だけど、どうやら”テイマー”(調教師)って呼ばれる人たちが手なずけたペットらしい。

だから人をおそったりはしないし、バケモノと戦うときは強い味方になってくれるんだってさ。

世の中にはスゲー人たちがいるもんだなー。

でも、オレぁあのゴキブリみてーのにだけは絶対にのりたいとは思わねーぜ。

アンタだってそう思うだろ?

ブリタニアのくらし

強欲(ごうよく)のスキルトレーナー

2009-04-25

わたしたお金を丸ごとふところに入れるニンジャ

ニューヘイブンの光景にもなれたオレは、町中でつったってる案内の人がいっていた”ある建物”にやってきた。

ある建物ってなんだって?

もちろんニンジャ屋敷だよ、に・ん・じゃ・や・し・き。

なんせオレってば、この世界にくるときからニンジャになるってきめてたからなー。

ブリタニアでニンジャとして生きていくために、基本からシッカリ教えてもらおうっておもったワケさ。

手はじめにニンジャ屋敷の前にいるおっさんから教えてもらおうとしたらカネをよこせっていわれた。

やっぱりタダじゃ大事な技術を教えてくんねーか。

まあ、カネで買えるならお安いモンだと思ってしぶしぶ払ったら、このおっさん、トンでもないことをやらかしやがった!

いわれた代金ピッタリなんてトーゼンもってねーから余分にカネをわたしたんだけど、なんとツリがもどってこねー!

技術はちゃんと教えてくれたものの、なんかスゴいソンした気がすんだけど…

アンタもスキルトレーナーには気をつけたほうがいいぜ!

2010/03/08 追記

以前は余分に支払った分は銀行に送られていたようで、お釣りが返ってこないように見えたのですが、現在はちゃんとお釣りがバックパックに戻るようになったようです。

正しいスキルの教わり方

Trainer(トレーナー)を【Shift】キーを押しながら【右クリック】して、教わりたい技術を選択することで初歩的なレベルまでのスキルを学ぶことができます。

このとき、求められた金額以内のお金をトレーナーに【ドラッグ&ドロップ】して支払います。

支払った分だけのスキルを教えてくれるので、必要に応じて支払うようにしましょう。

ブリタニアのくらし

騒音(そうおん)ピエロ

2009-04-27

”パット”ことパトリシアが、オレらと同じくらいにブリタニアにやってきたっていうオトコ、”クレド”をつれてオレに会いに来た。

なんだか頼りないカンジのコイツ、なんでもバードになりたいらしくって劇場をさがしてるんだとさ。

はて、バード… バードってなんだ?

パットがいうには、バードってのは吟遊詩人(ぎんゆうしじん)のコトで、演奏したり歌ったりする人たちのコトらしい。

そんなワケで、三人でサッサと劇場をみつけて楽器を教わったクレド。

それじゃあ、新米バードさんの初演奏ってヤツをきかせてもらおうじゃねーか。

おもむろにリュートをとりだして演奏をはじめるクレド。

そして奏でられたかつてきいたこともないような音色に、オレは驚愕(きょうがく)した!

こ、この演奏は…!

たったいま楽器をならったばかりのコイツの演奏をきいて、音楽にくわしくないオレでもハッキリと確信したコトがある。

ヒドい演奏のクレド

コイツはダメだ!まったく才能がねえ!

マジでちょっと、この道をすすむのは考えなおしたほうがいいんじゃねーのか!?

ブリタニアのくらし

森の守護者?

2009-04-29

颯爽(さっそう)と現れるユニコーン

ニューヘイブンで生活をはじめてドンくらいたった頃だったろうか。

いっつも、近くの”オールドヘイブン”っていう廃墟(はいきょ)みてーな場所でニンジュツの修行をしてたオレ。

でもその日の修行場はなぜか、ニューヘイブンからちょっといった先の森だった。

見たことない巨人がウロついてたけど気にせず分身の練習をしてると、今までの修行の成果かなのかトツゼン何かをつかんだ気がした。

と、その時だった。

今までオレにちょっかいかけてくる気配もなかった巨人どもが、いっせいにオレにおそいかかってきたんだ。

ヤバいヤバいヤバい!

イキナリのことにあわてふためくオレ。

あせりまくってたオレはうまく逃げられなくて、”もうダメか!”と覚悟した。

その瞬間だった。

白いソイツ… ユニコーンがドコからか現れて、にげまどうオレを横目につぎつぎと巨人をやっつけていったんだ

あっけにとられて見ていたオレをチラリと見たユニコーンは、満足そうに去っていった。

町にもどったオレは、たった今おこったできごとをコーフン気味にパットに話すと「あそこにはユニコーンなんていないわ」なんて言われちまった。

そんなバカな!と思ってもう一度探しにいったけど、結局それ以来、あのユニコーンを見ることは二度となかった。

オレがあのとき見たのはいったいなんだったんだろう?

これはウソみたいなんだけど本当の話。

youngについて

UOをはじめたばかりのキャラクターはyoungとよばれ、初心者ということでいろいろな特権を与えられています。

そのうちの一つが『モンスターが襲いかかってこない』というもの。

ところがこのyoung、ある程度成長したり一定期間がすぎると自動的に解除されてしまいます。

youngが解除されると、今までは襲いかかってこなかったモンスターたちが急に襲いかかってくるようになります。

モンスターのいるところで能力を鍛える場合、youngの自動解除には気をつけましょう。

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。